閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

抹茶碗

抹茶碗

<杜若色/抹茶碗>
 あざやかな紫みの青で、アヤメ科カキツバタの花に似た紫色を指します。「何(いず)れ菖蒲(あやめ)か杜若(かきつばた)」とは、いずれも優れていて選ぶのに迷うことをいいます。和服や和装小物などによく使われるほか、文房具にも使われる人気色です。展示品の抹茶碗は、江戸琳派の先駆けで、繊細で風情ある作品を生み出した酒井抱一(さかいほういつ)の十二ヶ月花鳥図を模した京焼き"抹茶碗"です。あざやかに描かれた"杜若"をお楽しみください。