閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

のれん

のれん

<藍色/のれん>
 濃い青を指し、紺色より明るい色をいいます。藍は世界最古の染料といわれ、日本でも古くから用いられてきました。 江戸時代から明治時代にかけて普及し、 庶民の衣服には欠かせない色となりました。現在でも藍染めは代表的な染色の一つであり、国が表彰する藍綬褒章(らんじゅほうしょう)の綬(りぼん)には藍染めが用いられています。展示品は阿波の天然藍で染めた和紙で作られたのれんです。