閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

帯

帯(おび)

<柿色>

  つよい黄赤、やや赤みの強い橙色のことをさします。カキノキ科カキの熟した実の色をさす比較的新しい色名です。歌舞伎の世界では、柿渋などで染めた赤茶を柿色と呼び、かつては江戸三座のみが掲げることが出来た定式幕に使われる黒・柿色・萌黄の三色の一つです。江戸歌舞伎の宗家、市川団十郎家に代々伝わる色で「団十郎茶」とも呼ばれています。