閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

鍋敷き

鍋敷き(なべしき)

<蜜柑色>

 ミカンの果皮のような黄赤のことを蜜柑色と呼びます。橙色よりも少し赤みが少なく、黄色みが強いイメージです。展示品は、300年の歴史を持つ津軽こぎん刺しの鍋敷きです。津軽こぎん刺しは、手織りした麻布の荒い織り目に、布地の補強と保温のために木綿の糸でひと針ずつ刺したものが始まりです。模様は、くるみ殻、ネコの目など身近な動植物をテーマにしたものや竹節(たけふ)、市松といった直模様などが典型的です。