閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

風呂敷

風呂敷(ふろしき)

<金茶色> 

 

 濃い赤みの黄、金色がかった明るい茶色のことで、別名山吹茶とも呼ばれています。山吹色に近く、特に江戸時代中期の文献によく登場し、武家の女性から町家の子女まで、幅広い人びとに好まれる染色として流行したとされています。和服、和装小物、風呂敷、作務衣(さむえ)などに用いられるほか、洋服にも合う色です。