閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

ぽっくり

ぽっくり

 厚さのある底、豪華な装飾が施されているぽっくり下駄。木の履物「木履(ぼくり)」が転じて、またはその歩く時の音から「ぽっくり」「こっぽり」と呼ばれるようになりました。女の子の七五三、成人式などお祝いの着物と合わせて履かれていて、美しい漆塗りに花や鶴などが描かれ豪華な仕上がりになっています。厚い木は中がくり抜かれているので見た目ほど重たくはありません。女の子用には鈴が入れられ、歩くたびにかわいらしい音をたてるものもあります。