閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

茶箱

茶箱(ちゃばこ)

 茶箱(ちゃばこ)は、点前道具(てまえどうぐ)一式を入れて持ち運ぶための箱で、旅行や野点(のだて)などの際に用いられます。中には、茶碗、茶筅(ちゃせん)、棗(なつめ)などお茶を点(た)てるための道具がきれいに収められています。
 千利休の時代からあったといわれている茶箱ですが、現代ではちょっとしたピクニックセットのようです。ドライブの際に座席の片隅に積んで、緑がきれいな場所に車をとめて本格的に抹茶をいただくというのも、粋な楽しみです。