閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

手拭い

手拭い(てぬぐい)

 拭(ぬぐ)う、被(かぶ)る、包む、使い方自由自在の布、手拭い。鎌倉時代あたりから日本人の暮らしにお目見えしていたと言われていますが、綿花(めんか)の栽培が安定してきた江戸時代から全国的に庶民の生活に深く浸透しました。
 手拭いの端が切りっぱなしになっているのは、好みや用途によって切り売りされていたため。それと同時に、切りっぱなしの方が乾きが早く、縫って端に折り返しを作るとすぐ汚れてしまうので、あえて縫わないという合理的な視点による工夫なのです。