閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

氷カップ

氷カップ(こおりかっぷ)

 明治時代に盛んに行われていたガラスの成型技法のひとつに乳白(にゅうはく)色の柄を浮かび上がらせる「あぶり出し」というものがあります。骨灰(こっぱい)という材料を混ぜたガラス材の変色特性を生かした伝統的な技術です。熱して柔らかくなったガラスに鋳型(いがた)で凹凸(おうとつ)をつけた後、常温の鉄の鋳型へ押し付け、急激に熱を放出させると、骨灰を含んだガラスが乳白色に変色します。一度目の鋳型でつけた凹凸が見事な白い模様となって浮き出てきます。
 少し懐かしい雰囲気を持つ乳白色の美しいガラスの誕生です。