閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

手桶

手桶(ておけ)

寒さを感じてくると恋しくなるのがお湯の温もりです。日本の三大銘木の一つである木曽ひのきは、樹齢150~250年の天然木を指します。古くから日本の代表的な建物に使用される貴重な森林資源でもある木曽ひのきは、特徴として、防腐、防水、防虫効果があります。また、ひのきに含まれるフィトンチッドという成分には精神安定や疲労回復効果があることで知られています。
この手桶(ておけ)は、昔ながらの手間のかかる手で割った木片をかんなで削り、美しく丸く仕上げる木曽の職人の手によって作られたものです。