閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

煙草盆

煙草盆(たばこぼん)

煙草盆(たばこぼん)は、火入れ(ひいれ)、灰吹き(はいふき)、煙草入れ、煙管(きせる)、香箸(こうばし)といった喫煙具一式を納めておく道具です。江戸時代では、お茶席に必要な道具の一つとして使われていました。
江戸時代後期になると一般家庭にも常備され、来客時には、お茶よりも先にこの煙草盆を出し「一服」を勧めることがもてなしとされていました。煙草盆の形はさまざまで、塗蒔絵(ぬりまきえ)や飾り金具、透かし彫りなどの手の込んだ細工物は大名が好み、茶人の好みは桐や桑などの木で作られた簡素なものでした。展示品は、江戸時代後期頃の伊万里焼のものです。