閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

上総凧

上総凧(かずさだこ)

上総凧(かずさだこ)は、空高くあがる凧のように力強く成長するよう、誕生した男の子への祈りをこめて、作られています。着物の形をした袖(そで)凧(だこ)や、四角い角凧(かくだこ)には子どもの名前や家紋が入れられていますが、より装飾的な凧も作られるようになり「登り龍(りゅう)」や「金太郎」といった勇ましい絵が描かれたものも作られるようになりました。
江戸中期から始まったという上総凧は現在、市原市の工房で作られており、平成の空を力強く泳いでいます。