閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

盤双六

盤双六(ばんすごろく)

紙に描いてあるマスを進めて遊ぶ絵双六(えすごろく)が現在の主流ですが、展示品のような盤を使って遊ぶものを盤双六(ばんすごろく)と呼びます。
早く相手陣地へ全てのコマを進めた方が勝ちというもので、サイコロを使ってマスを進める絵双六とはルールが異なります。頭脳を使う遊びの代表として盤双六、将棋、囲碁は「三盤(さんばん)」と称され、高度な遊びのひとつでした。明治初期頃までは、上流階級の嫁入り道具として持たせる慣習が残っていたようです。