閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

和傘

和傘(わがさ)

傘が雨避(よ)けとして一般に広く使われるようになったのは江戸時代中期以降と言われています。それまで傘は貴族の権威を象徴するための形式的な飾りであり、実際の雨対策には身体にまとう菅笠(すげがさ)や蓑(みの)が使われていました。
紙の表に油を塗ったものは雨傘に。粋な絵柄の紙や絹を貼り上げた傘は日傘や舞踊用として使われています。
背筋を伸ばして和傘を差す姿は、竹のように凛(りん)とした美しさがあります。