閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

紅

紅(べに)

紅花は、その名の通り美しい紅色の色素を持っています。その色素の溶液を抽出して乾燥させたものが「紅(べに)」です。その純度の高い赤い色は、その赤さ故に光の中の赤を吸収してしまうため、目には逆の緑色に見えます。その神秘的な緑色を、江戸時代には玉虫色と称(たた)えていました。
紅は水を含ませた筆に取ると赤く発色し、何度も唇に塗り重ねると玉虫色に輝きます。玉虫色の唇は、美しさと裕福さの象徴として女性たちの憧れの化粧でした。