閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

手鏡

手鏡(てかがみ)

太古の鏡は銅製で、祭祀的(さいしてき)な意味が強いものでした。姿を映し出す不思議な現象に神秘性を感じ、ご神体として祀(まつ)られたり、閻魔(えんま)様(さま)が持つ道具として描かれたりしています。その名残を「鏡餅」といった縁起物の名称の一部に見ることができます。明治時代に現在のガラス製の鏡が作られるようになりました。
展示品は職人が金箔(きんぱく)を一枚ずつ手で張り込んで仕上げた手鏡。お化粧をするひと時に繊細な彩りを添える美しい作品です。