閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

盃洗

盃洗(はいせん)

 酒宴の席で、一つの盃(さかずき)を使ってお酒を飲み交わす際、飲んだ後、その盃を洗ってから渡すための器が盃洗(はいせん)です。膳の下や脇に置かれ、盃洗には水が入れてあります。共に同じ盃で酒を交わすことで親睦を深めるという慣習は意外にも江戸時代から始まったようです。盃洗もその頃誕生しました。 展示品のように漆(うるし)の台に器が入っているものや、器自体が漆器のもの、茶碗のように陶器で出来たものなど、いろいろな素材で作られたものがあります。