閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

張子面

張子面(はりこめん)

 室町時代に中国から伝来。江戸時代には全国へと普及し、各地で作らるようになった張子(はりこ)。特に城下町では不要になった紙が多く出回ったため、型へ何重にも和紙を重ね張りする張子産業が発展していったと言われています。 ニカワと胡粉(ごふん)を練り合わせ、重ねた紙の上に塗りつけて白く固めます。胡粉は主に貝殻から作られ、日本画でも使われる白い塗料の一種です。展示品は姫路張子の面です。胡粉の土台の上に五穀(ごこく)豊穣(ほうじょう)祈願(きがん)の狐などが元気に描かれています。