閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

白漆

白漆(しろうるし)

 「白(しろ)漆(うるし)」といっても真っ白な色をしているわけではありません。基本となる透明の茶褐色の漆(うるし)液(えき)に、二酸化チタニウムなどの顔料を混ぜ白色にします。しかし漆液の茶色が強く、「白漆」とはいうものの、塗り上げた色は白と茶の中間のベージュのような色になります。 ところが使いこんでいくうちに、漆液の茶が抜け、少しずつ白さが感じられるようになります。年月とともに色の変化も楽しむことができる白漆の器。白くなるまで長く大切に使いたいものです。