閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

麻布行灯

麻布行灯(あさぬのあんどん)

 麻は通気性に優れ、光沢があり、また水に濡れると強度も増すことから、服をはじめ帆や縄まで幅広く使われています。 婚儀の結納の際には、白い麻糸の束が、するめや昆布などと一緒に用意されます。この束は「友(とも)白髪(しらが)」と呼ばれ、夫婦仲良く、共に白髪が生えるまで添い遂げられますようにという願いが麻の白い糸に込められたものです。 麻布を使った行灯(あんどん)。麻糸が織り成す生成(きな)り色の布を通した柔らかな光は温かみがあふれています。