閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

細工楊枝

細工楊枝(さいくようじ)

房総の山中に自生する黒文字(くろもじ)を使って茶道用の楊枝や箸、料亭向きの細工(さいく)楊枝(ようじ)が作られています。素材は竹のように見えますが、樹皮にある黒色の斑点が文字に見えることから「黒文字」と呼ばれる楠木(くすのき)科の低木の一種です。木に独特の香りがあり、高級楊枝として知られています。多彩な切り込み飾りがあしらわれた楊枝は、片隅に添えるだけで器に粋な気配りを感じさせます。市原市、いすみ市で作られていて、千葉県の伝統的工芸品に指定されています。