閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

香炉

香炉(こうろ)

仏教伝来以来、日本文化に深く長く関わってきた香りの世界。香木が高価であったため貴族だけの楽しみでしたが、江戸時代からは線香が作られるようになり一般庶民にもお香が広まりました。現在では心身への効能を研究するアロマセラピーもたいへん盛んです。
香りもおもてなしのひとつです。お客様をお迎えする際には、いらした時にお香を焚(た)くのではなく、いらっしゃる前に焚き終わり、残り香でお迎えするのも日本の情緒ある心遣いのひとつです。