閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

花入

花入(はないれ)

鮮やかな赤い色が特徴の千葉県で創作された真朱焼(しんしゅやき)の花入(はないれ)です。昭和初期に鎌ヶ谷市の陶芸家濱田(はまだ)敬山(けいざん)氏が古代中国の鶏血焼(けいけつやき)独特の鮮やかな赤色の再現に成功し真朱焼として創業。最近までその技術は鎌ヶ谷市の陶芸作家によって受け継がれていました。
今回ご紹介している百人一首は初霜と菊の白さの美しさを並べ歌っています。季節の色を発見した朝には花などを手折り、少しだけ季節のおすそわけを部屋に持ち込んでみるのもよいものです。