文字サイズ

本店ショーウィンドーギャラリー平成23年

2011年11月~12月

日本の伝統-日本を詠(うた)う-「部屋に季節のひとひらを」

寒い季節ともなると、家で過ごす時間も長くなります。
季節の草花を花入(はないれ)に飾り、料理やお酒のもてなしには暖かい手触りの漆器の片口(かたくち)を。部屋の一角に特別な空間を演出する風呂先屏風(ふろさきびょうぶ)。暖かな光を作り出す行灯(あんどん)。癒やしの香を香炉(こうろ)で。
季節のひとひらと少しの遊び心で安らぎと温かみ溢れる秋・冬の部屋へと変わります。

2011年7月~10月

「がんばろう!千葉」特別企画

温かみのある手作りのガラス、しなやかで柔らかい風をつくる房州うちわ、 大漁を祝う萬祝半纏(まいわいはんてん)、茶の風雅な世界の一角を演出する細工楊枝(さいくようじ)、 福を願いながら手作りされている張子(はりこ)。いずれも伝統の技に支えられている品々です。
職人の技を、展示品を通して触れていただければ幸いです。

  • IR情報に関するお問い合わせ