文字サイズ

本店ショーウィンドーギャラリー平成15年

2003年10月〜12月

日本の生活 「食彩」

収穫の秋。数々の実り豊かな旬の食材が食膳を賑わせます。
今回は「食彩(しょくさい)」をテーマに、日本の料理に彩りを添える様々な器をご覧いただきます。
私たちが毎日味わっている食物は、その過程でいろいろな道具や器を辿ってきますが、その中から、食、茶、酒にまつわる器をご覧いただき、日本の食文化の豊かさを感じ取っていただければ幸です。

2003年7月〜9月

日本の生活 「納涼」

今回は「納涼(すずみ)」をテーマに、夏の日差しを避けて、涼を求める時に欠かせない夏の風物詩をご覧いただきます。
夏の夕方、家の縁先にそっと腰掛けて、団扇を片手に涼風を求めてくつろぐ─「端居(はしい)」は夏の季語です。このような趣のある夕涼みの風景には、古くからさらに涼味を加える小道具が付き物としてありました。夕涼みに欠かせない小道具を通して皆さまにひとときでも爽やかな涼風をお届けできれば幸に存じます。

2003年4月〜6月

日本の生活 「花時」

今回は、春に花がいっせいに咲き始める頃をあらわす季語「花時(はなどき)」という美しい言葉に寄せて、粋な日本の春をお楽しみいただきます。
春は桜。桜といえば花見。いまでも桜が咲くといたるところで催される花見ですが、最も盛んで自由に遊宴に興じていたのは江戸時代の人々かも知れません。
花見の席には欠かせない粋な道具類を通して春を感じていただければ幸いに存じます。

2003年1月〜3月

日本の生活 「興ずる」

今回は「興ずる(きょうずる)」をテーマに、新春らしく優雅な遊び道具をご覧いただきます。
日本の遊び道具には、その文様や色彩が美しく、目にも楽しめるものが多くあります。それぞれに趣向を凝らした道具のかたちから、粋な遊び心を感じていただければ幸いに存じます。また遊び方についての説明もございますので、あわせてご覧ください。

  • IR情報に関するお問い合わせ