閉じる

京葉銀行千葉みなとショーウィンドーギャラリー

尾州織

尾州織(びしゅうおり)

尾州織は、現在の愛知県北西部の一宮市を中心とした地域で発展した織物です。歴史は古く、奈良時代には麻が織られ、その後、絹が織られるようになりました。江戸時代になると綿織物が盛んになり、秋になると尾張(おわり)平野は一面、白色の綿花で覆われていました。明治時代からウールを使った毛織物が作られ始めると、普段着としてよく着られるようになりました。
尾州織は、時代の変化にその都度対応する柔軟さで、伝統工芸品として発展し、現在では、尾州の毛織物は全国一の生産量を誇ります。
展示品である尾州織のウールの着物は絹と比べるとシワになりにくく、保温性、撥水性にも優れています。シンプルなデザインながら機能性を併せ持った美しい尾州織をご堪能ください。