閉じる

京葉銀行千葉みなとショーウィンドーギャラリー

手ぬぐい

手ぬぐい(てぬぐい)

古墳時代から神事の儀礼装飾具として使われていたといわれる「手ぬぐい」。江戸時代になると綿の栽培が盛んになり、庶民にも広く普及しました。ものを拭いたり包んだり、様々な形で使われてきましたが、染色技術の進歩とともにデザインも多種多様に花開いていきました。歌舞伎役者や落語家が名刺代わりに利用したり、贈答品として人気を集めるなど、手ぬぐいの用途は多方面に及びました。春の七草が描かれた展示品は、七種の若菜を竹籠に入れ、春の訪れを祝っています。