閉じる

京葉銀行千葉みなとショーウィンドーギャラリー

硯

硯(すずり)

展示品は石巻市の雄勝(おがつ)石を使用した蓋付の雄勝硯です。雄勝硯は600年の歴史を誇り、経済産業大臣指定伝統的工芸品や地域団体商標に登録指定され、かつては国内90%以上のシェアを誇りました。その後、東日本大震災で被害を受けましたが、現在、多くの人々の協力のもと、生産が再開されています。光沢・粒子が均質で、圧縮・曲げに強く、低吸水率で変質しない純黒色の雄勝石は、玄昌石とも呼ばれ、硯の他にスレート材として東京駅赤レンガの屋根にも使われています。また、石肌の模様はいつまでも見飽きることのない優雅さを備えています。