閉じる

京葉銀行千葉みなとショーウィンドーギャラリー

重箱

重箱 (じゅうばこ)

ハレの日の料理を入れる重箱。二重から五重にも重ねられ、上には蓋が付き、漆塗りが施されているものが主流です。最たるハレの日である正月には、重箱に入ったおせち料理が卓に並びます。
展示品は会津塗の老松沈金(おいまつちんきん)四段重。沈金は塗面を削り、そこに金箔や金粉を入れる加飾技法。沈金の老松と塗りの漆黒が見事なコントランスを見せる豪華絢爛(ごうかけんらん)な重箱です。
会津漆器は古くから漆の産地だった会津の地で室町時代より育まれてきた伝統工芸品で、津軽塗や輪島塗よりも前から盛んでした。水がしみにくく、熱さや酸・アルカリにも強く、堅牢で傷つきにくいのが特徴です。