閉じる

京葉銀行千葉みなとショーウィンドーギャラリー

花瓶

花瓶(かびん)

日本の磁器発祥である佐賀県の有田焼は、今年で創業400年を迎えます。有田焼が伊万里を積出港としたことから伊万里焼としてヨーロッパに伝わり、のちにドイツのマイセンなどを生むことになったのです。江戸時代の伊万里焼を「古伊万里」と呼びますが、展示品が制作された1804年創業の「弥左ヱ門窯」(やざえもんがま)では、古伊万里の技術を生かしながら、現代のライフスタイルに馴染む食器などを新しい有田焼として、「ARITA PORCELAIN LAB」を展開しています。
こちらの花瓶は古伊万里様式の鮮やかな赤絵や金襴手(きんらんて)で絢爛(けんらん)さを表しながらも、現代に合わせた絵付けで魅了されます。