閉じる

京葉銀行本店ショーウィンドーギャラリー

雨城楊枝

雨城楊枝(うじょうようじ)

クロモジの木から一本一本丹念に削りだされる君津市久留里の伝統工芸、 黒文字楊枝。千葉県指定伝統的工芸品でもあり、久留里城の別名をとり『雨城楊枝』と呼ばれます。巧みな細工と品の良さから和菓子を食べる粋な道具として知られています。かつての上総(かずさ)楊枝が、明治後半に森家によって『雨城楊枝』に生まれ変わりました。展示品は森隆夫氏が営む雨城楊枝工房の『ふさ楊枝』。片方の先端をなめし叩いて房状にしたもので、昔は歯ブラシの代わりとして使われました。