閉じる

京葉銀行千葉みなとショーウィンドーギャラリー

浴衣-反物

浴衣-反物(ゆかた-たんもの)

元来、浴衣は入浴後に体の水分をふき取るものでしかありませんでした。 浴衣が町人のオシャレ着となったのは、天保の改革の奢侈(しゃし)禁止令により、絹や色糸が禁止されたことがきっかけです。 木綿の藍染めだけで、どれだけの粋なものを作れるか、職人技を競わせたのです。 展示品は高級綿の綿紅梅を濃藍色に染上げた浴衣の反物です。 染元は高常で江戸時代から続く伝統的な浴衣の染色技法、長板中形(ながいたちゅうがた)染めで染色から乾燥まで全て手作業で行われます。
浴衣に濃藍色が重用されるのは、酷暑の日本らしい、夕刻からの涼しさの演出といわれています。