閉じる

京葉銀行千葉みなとショーウィンドーギャラリー

盃

盃(さかずき)

赤く色づく紅葉の風景や、十五夜、十三夜など名月を楽しむ秋は、お酒を楽しむにも絶好の季節。日本には古くから盃で酒を酌み交わし、人間関係を強くするという文化があります。美しい秋を愛でながら盃を傾け、お互いの関係を深めていくのもいいものです。 展示品の盃は、寛文元年(1661 年) 創業の350余年続く京漆器専門店「象彦(ぞうひこ)の盃。紅葉の色づく中にかかる橋、秋の風情あふれる景色を、盃の中だけでなく、外にまで色漆と箔で描いています。 秋を感じる盃で、名月を観ながら秋の夜長を楽しむ日本の風物です。