文字サイズ

快適性と安全性

安全性への取り組み

千葉みなと本部は、建物に免震構造を採用し現在想定される最大級の地震や津波などに備えた造りであるとともに、液状化に対しても地盤改良を実施し、高度な安全性を確保しています。大規模災害発生時においても、人命を保護するとともに銀行業務を継続できる体制を構築し、お客さまにより安心して京葉銀行をご利用いただけるようにいたしました。

免震構造

アイソレータ

免震部材で地震エネルギーを吸収し、建物に損傷を与えない構造です。写真は免震部材の1つであるアイソレータで、地震発生時に水平方向に柔らかく変形し、建物を支える役割を果たします。

免震構造

地盤改良

サンドコンパクションパイル工法

地盤中に砂を圧入することで、地中の土粒子を密にし、地盤強度を高め液状化を防ぎます。

 

地盤改良

津波・水害対策

防水板

建物出入口には防水板を設置し、津波やゲリラ豪雨などの水災が発生した際、建物内への浸水を防ぎます。

 

津波・水害対策

電力

非常用自家発電システム

災害時の停電に備え、電気供給の信頼性を高めるために燃料を多元化(ガス、重油)するデュアルフューエル方式で、重油とガスのどちらでも発電機を稼働することが可能な設備を導入いたしました。

電力

京葉銀行 千葉みなと本部ページへ戻る

  • IR情報に関するお問い合わせ

株式会社 京葉銀行 登録金融機関 関東財務局長(登金)第56号 加入協会:日本証券業協会