トップページへ 採用情報 京葉銀行のホームページへ
京葉銀行 新社会人のための応援サイト GO!GO!フレッシュマン
サイト内検索
就職活動情報
就職活動成功マニュアル
職業人典
就職活動エピソード集
社会人のお作法
ビジネスマナーの作法
社会人的お付合い作法
新社会人お役立ち情報
部屋探し・引越ガイド
生活豆知識
ヘルスケア アドバイス
とっておき!カゼ対策
朝の3分マグカッップクッキング
入浴健康法
応援!スキルアップ
ヘルスケア アドバイス
入浴健康法 〜効用編〜
お風呂にゆったりとつかって全身を温めることは、心身をリラックスさせ、ストレス解消につながります。シャワーで済ませるという人もいると思いますが、「一日の疲れを癒やす」には浴槽にお湯を溜める方が断然、効果的。身体の休まり具合が違います。
ここでは、知られざる入浴の効用をご紹介。入浴の効果が分かると、「お湯につかるだけで、これほどの好影響があるの?!」と驚くハズです。
まずは入浴の効用を知り、「汗や汚れを落とすだけの場所」というお風呂場に対する認識を改めてみましょう。
入浴の効用
入浴には大きく分けて、《温熱作用》と《水治作用》があります。
温熱作用
体温上昇により新陳代謝を促進
疲れの原因となる“不純物”を排出しやすい身体に
入浴すると当然ですが、体温は上がります。体温の上昇は皮膚の毛細血管を拡げ、結果的に血行の活性化、新陳代謝を促進させます。これにより、人間は汗や尿などの不純物が体外に出やすい身体を維持しているのです。
入浴すると腰痛、関節などの痛みや疲れが和らぐのは、このためです。
自律神経の働きに影響をあたえる
お湯の温度で「緊張」と「鎮静」をコントロール
お風呂に入って身体が温まると「気持ちいい」と感じますよね?
これは自律神経の中の副交感神経が優位になっているため。副交感神経は、睡眠時やリラックス時などの『静』の状態を司っています。また、自律神経にはもうひとつ交感神経があり、こちらが優位になると興奮や緊張などの『動』の作用が働きます。
この相反する2つの神経がバランス良く働くことで、人間は体内環境を正常に保つことができるのです。
入浴ではお湯の温度を変えることで、自律神経の働きを調節することができます。
自律神経の性質を意識し、シーンや気分によって、入浴温度を使い分けてみましょう。
朝は熱めで目覚まし効果! 夜はぬるめで安眠効果!
交感神経を優位に
熱いお湯に入ると交感神経が優位になり、興奮を促します。寝起きの悪い朝には、42℃以上の熱いお湯に入り神経を活性化させましょう。
副交感神経が優位に
ぬるいお湯に入ると副交感神経が優位になり、神経を鎮めます。
睡眠前には、38〜40℃のお湯につかると深い眠りが得られます。
水治作用
1.水圧作用 〜入浴は天然のマッサージ〜
入浴中は水圧で体が押されるため、マッサージを受けているのと同じ状態だということをご存じですか?お風呂に入ると疲れがとれるのは、実はこのためなのです。身体にかかる水圧は血液やリンパ液を心臓に向かって押し上げ、脚のむくみを解消したり、心肺機能を高める効果があります。
もちろん、実際にマッサージすればさらに効き目はUP。水圧作用も手伝って、より高い癒しが得られます。
2.浮力作用 〜浮力を利用して、らくらくストレッチ&エクササイズ〜
お湯の中では浮力作用が得られ、体重は1/10ほどに。重力から解放されるので、ストレッチやエクササイズに最適です。お風呂場は、デスクワークで固くなった身体をほぐすのに最適な空間といえます。
おすすめ入浴法編
ページトップへ
Copyright(C)2011 TheKeiyoBank,Ltd.