トップページへ 採用情報 京葉銀行のホームページへ
京葉銀行 新社会人のための応援サイト GO!GO!フレッシュマン
サイト内検索
就職活動情報
就職活動成功マニュアル
職業人典
就職活動エピソード集
社会人のお作法
ビジネスマナーの作法
社会人的お付合い作法
新社会人お役立ち情報
部屋探し・引越ガイド
STEP1 予算の設定
STEP2 条件の設定
STEP3 物件選び
STEP4 下見
STEP5 申込み・契約
STEP6 引越
生活豆知識
ヘルスケア アドバイス
応援!スキルアップ
部屋探し&引越ガイド
STEP3 物件選び
失敗しないための3つのチェックポイント
自分の中で条件が絞れたら、実際に不動産会社を訪れます。事前に来店の日時などを連絡しておくと良いでしょう。
その際、不動産会社でチェックすべき3つのポイントを知っておくと非常に役に立ちます。
1.不動産会社の種類をチェック
不動産会社の「取引様態」には、下記のように「貸主」「代理」「仲介(媒介)」の3種類があり、ほとんどの不動産会社は「仲介」を主としています。
種類 説明
貸主 物件の持ち主。不動産会社が自社で所有する物件を賃貸します。
代理 貸主本人に代わって、不動産会社が物件の入居者と契約を結びます。
仲介(媒介) 貸主から依頼された物件を賃貸します。
最大の違いは、仲介手数料の有無です。貸主から直接部屋を借りれば仲介手数料は不要ですが、実際に出回っているのは仲介物件がほとんどですので仲介手数料をとられます。さらにくわしく説明すれば、「仲介」の中でも注意しておきたいのが、「専任」かそうでないかという点。専任とは、その物件をその不動産会社しか扱っていないという意味です。
専任でなければ、物件を複数の不動産会社が扱っているため、自分が訪れた不動産会社以外から先に契約をされてしまうことも考えられます。
2.不動産会社のタイプをチェック
営業形態によって、不動産会社は3つのタイプに分けることができます。
不動産会社のタイプ メリット
1:全エリアに支店や営業所などが多くある 扱う物件が多く、希望の物件が探しやすい。
2:特定の沿線に支店や営業所がある

沿線の特徴を熟知しているため、的確なアドバイスを受けやすい。

3:特定の駅やエリアだけに店舗がある 自分が住みたいエリアが決まっている場合は希望の物件が見つかりやすい。
住みたいエリアが決まっている場合は3の不動産会社がお勧めですが、そうでない場合は1や2の不動産会社を選びましょう。扱っている物件が多いので、望みの条件に合致した物件に出会える可能性が高いといえます。また、土地勘のない場所を選ぶ際は、“相場”を知るためにも1や2の会社を回ると良いでしょう。
3.社員の対応をチェック
横柄な態度で受け答えしたり、こちらの希望を無視して一方的に物件をすすめたりするような不動産会社はやんわりと断りましょう。また、不動産会社の営業マンはいわば大家さんの代わり。あまりラフすぎる場合は避けるのが無難です。
ページトップへ
Copyright(C)2011 TheKeiyoBank,Ltd.