トップページへ 採用情報 京葉銀行のホームページへ
京葉銀行 新社会人のための応援サイト GO!GO!フレッシュマン
サイト内検索
就職活動情報
就職活動成功マニュアル
職業人典
就職活動エピソード集
社会人のお作法
ビジネスマナーの作法
社会人的お付合い作法
新社会人お役立ち情報
部屋探し・引越ガイド
生活豆知識
ヘルスケア アドバイス
応援!スキルアップ
営業系おすすめ資格
事務系おすすめ資格
IT系おすすめ資格
応援!スキルアップ スキルアップ!キャリアアップ! フレッシャーズのための資格ガイド
「キャリアアップにつながる資格」「狙い目の資格」を取得して、ワンランク上の自分を目指せ!
事務系おすすめ資格
スペシャリストとしての技能が問われるのが事務系職種の特徴。
日々の地道な研鑽で、キャリアアップの切符をつかめ!
あらゆるビジネスシーンの共通言語 日商簿記(簿記検定)
日商簿記(簿記検定)とは?
会計分野のベーシックな知識を習得するのに最適な資格が簿記。日本商工会議所が主催する日商簿記検定は、毎年40万人以上が受験します。難易度によって4段階に分かれており、簿記・経理事務の専門家として経営管理や経営分析ができるレベルの1級から、財務諸表から企業の経営状況を把握できるレベルの2級、経理関連書類の読み取りができ、取引先企業の経営状況を数字から理解できるレベルの3級、簿記の基本的考え方を学ぶ4級まであります。
資格取得後の進路
事業収支の分析や企画書の作成など、さまざまなビジネスシーンで活用できるのが魅力。企業の経営状況を管理・記録する経理業務であれば、その能力を余すことなく発揮できます。特に簿記1級取得者であれば、指導役として昇進の可能性も。経理以外の部署であっても、クライアントの経営状況に合わせた戦略的提案やコンサルティングが可能になりますし、もちろん、転職時のアピール手段としても非常に有効です。また、財務のベテランになれば、独立、コンサルタントとして活躍することもできます。
将来性
今や簿記は、すべてのビジネスシーンの共通言語。企業のあらゆる場面において、管理能力・分析能力が問われる今日、簿記知識に基づく優れた計数感覚や会計センスがより一層要求されていくことは間違いありません。また、1級合格者には税理士試験の受験資格が与えられるなど、簿記取得はさまざまな資格へのステップアップにもなります。税理士や公認会計士、不動産鑑定士、ファイナンシャルプランナー、中小企業診断士など、あらゆるビジネス資格とシナジー効果が期待できる簿記は、今後もますます重要な資格として位置づけられていくでしょう。
税務・会計のエキスパート 税理士
税理士とは?
企業や個人事業者の依頼を受け、法人税や事業税、所得税の申告など、複雑な税務関連の業務を代行するのが税理士の仕事。最近はOA機器の普及で、従来の事務処理的な会計業務の依頼から、税務コンサルティングの依頼が増加する傾向にあります。資金繰りや資産運用、経営戦略などを税務面からアドバイスしていく経営コンサルタント的な役割を果たしている人も増えています。
資格取得後の進路
会計事務所や税理士事務所への勤務が一般的。そこで実務経験を積み、人脈づくりをしてから独立開業する人が多いようです。しかし、最近では、一般企業に勤務する企業内税理士も増えており、その場合は、税務のスペシャリストとして経営を財務面からサポートします。
将来性
従来の税務代行や記帳代行業務に加えて、最近では、税務・会計のエキスパートとしての専門知識を生かして、経営に関するコンサルティングが期待されています。つまり、将来の利益計画や予想税額の算定など、税理士の軸足が情報提供型の業務体系に移行してきたといえます。また、地方自治法の改正により、地方公共団体に税理士などの外部監査人を置くことが義務づけられました。これにより、税理士のビジネスチャンスはさらに広がったといえるでしょう。
ページトップへ
Copyright(C)2011 TheKeiyoBank,Ltd.