トップページへ 採用情報 京葉銀行のホームページへ
京葉銀行 新社会人のための応援サイト GO!GO!フレッシュマン
サイト内検索
就職活動情報
就職活動成功マニュアル
職業人典
就職活動エピソード集
社会人のお作法
ビジネスマナーの作法
社会人的お付合い作法
結婚式・披露宴のマナー
お通夜・お葬式のマナー
贈り物のマナー
宴席のマナー
新社会人お役立ち情報
部屋探し・引越ガイド
生活豆知識
ヘルスケア アドバイス
応援!スキルアップ
大人の振る舞いができるカッコよさ 「社会人的お付き合い」のお作法
結婚式・披露宴のマナー
結婚式・披露宴当日の注意点
結婚式・披露宴の服装
男性の服装
〈昼間の披露宴の場合〉
ディレクターズスーツかダークスーツ
〈17時以降の披露宴の場合〉
ブラックスーツ
※入社年次や年齢を重ねると、タキシードを着用することもありますが、フレッシャーズのみなさんはブラックスーツが適当です。
フレッシャーズのポイント
喪服と兼用で「礼服」として販売しているブラックスーツを1着用意しておくと便利です。
結婚式・披露宴の服装
女性の服装
〈昼間の披露宴の場合〉
フォーマルな印象のワンピース、スーツ、アンサンブルで、肌があまりに露出していないもの
〈洋装の場合・17時以降の披露宴〉
イブニングドレスやカクテルドレスに、アクセサリーもつけて華やかにドレスアップ。会場の格や雰囲気も考えてチョイスします。
〈和装の場合〉
正装…未婚者は振袖、既婚者は黒留袖か、五つ紋の色留袖
準礼装…紋付きの色無地か訪問着
カジュアルな和装…未婚既婚問わず色無地か付下げ
フレッシャーズのポイント
純白と赤は“花嫁の色”なので避けるようにしましょう。
披露宴での食事のマナー
披露宴でふるまわれる料理の多くはフランス料理になります。
そのため、ここでは披露宴での食事一般のマナーとともに、フランス料理におけるマナーを紹介します。
披露宴での食事、これだけはダメ!
× 全員の皿が揃う前に、食べはじめる
料理は必ずテーブル全員の皿がそろってから手をつけましょう。
また、食べる速さもできるだけ周囲の人に合わるようにしましょう。
× 食事中に食器の音を立てる
当たり前ですが、食事中は音を立てずに食べるのが基本。
スープを飲む際も、音を立ててすすらないよう気をつけましょう。
× 食器を手で持って食べる
食器はコーヒーカップやブイヨンカップのように取手のついているもの以外は、基本的に手に持ってはいけません。
× 食事中にタバコを吸う
食事中は、原則禁煙。デザートが運ばれるまでは我慢しましょう。
また、喫煙する際も、必ず周囲の了解を得てからにします。
ワンポイントマナー

ナイフやフォークを落とした場合
ナイフやフォークを落としてしまっても、自分で拾うことはしません。
サービス係の方を呼び、ひとこと謝りの言葉を入れてから新しいものと交換してもらいましょう。
パンが出された場合
パンはスープが出てから肉料理を食べ終えるまでの間に食べ終えるのが基本。
一口ずつ手でちぎって食べます。
ナプキンの扱い方
〈着席の際には〉
ナプキンを二つ折りにし、ひざの上に広げます。
主賓がいる際は、主賓の後にナプキンを広げます。
〈食事中には〉
口元をふくのは右側の角で行います。
〈中座する際には〉
軽くたたんでイスの上か背に置きます。
四つにたたんで皿の下にはさむ方法もあります。
〈食事が終了した際には〉
軽くたたんでテーブルの上に置きます。
ナプキンの扱い方
ナイフ・フォークの扱い方
ナイフ・フォークの扱い方
〈持ち方の基本〉
右手にナイフ、左手にフォークを持ちます。
持ちにくい時は、持ち替えても構いません。
〈使用の順番〉
出される料理に合わせて、外側から内側へ順番に使います。
〈食べかけの合図〉
ナイフの刃を自分側に、フォークの歯は下側に向け、「ハ」の字の形にして皿の上に置きます。
〈食べ終わりの合図〉
ナイフの刃は内側、フォークの歯は上向きにし、斜めにそろえて置きます。
ワンランク上のスマートマナー
フランス料理の場合には、サービス係が給仕する方向が料理と飲み物で逆関係なのを覚えておきましょう。つまり、料理は常に左側から給仕を受け、飲み物は常に右側から注がれます。
これを知っておくと、体を少し寄せることや、会話を中断するなどの気遣いをするだけで、スムーズにサービスを受けられ、スマートな印象を与えることができます。
最後に、形式的なマナーは大事なことですが、披露宴を盛り上げることも招待客のマナーであることを覚えておきましょう。
披露宴では、はじめて会う人とテーブルを囲むこともあります。しかし、仲間同士ばかりで歓談するのではなく、テーブルを囲む人とも交流し、会場全体が盛り上がるような雰囲気作りをしましょう。
過度に緊張することなく、リラックスして披露宴を存分に楽しむことが何より大事なことです。
ページトップへ
Copyright(C)2011 TheKeiyoBank,Ltd.