トップページへ 採用情報 京葉銀行のホームページへ
京葉銀行 新社会人のための応援サイト GO!GO!フレッシュマン
サイト内検索
就職活動情報
就職活動成功マニュアル
就職活動の流れ(フロー)
求人情報の集め方
先輩(OB・OG)訪問のポイント
セミナー・会社説明会のポイント
エントリーシートの書き方
履歴書の書き方
面接の種類と心構え
面接時の服装のポイント
職業人典
就職活動エピソード集
社会人のお作法
ビジネスマナーの作法
社会人的お付合い作法
新社会人お役立ち情報
部屋探し・引越ガイド
生活豆知識
ヘルスケア アドバイス
応援!スキルアップ
就職活動成功マニュアル
エントリーシートの書き方
最近の就職活動では、エントリーシートによる選考が最初の関門になっています。
魅力あふれるエントリーシートを作成して第一関門をクリアしましょう。
エントリーシートとは?
エントリーシートとは、入社表明書であると同時に、企業側が学生の人柄や考え方に本格的に触れる最初のツールです。A4サイズの紙1枚から2枚程度の分量で構成されており、送付資料に同封されていたり、ホームページからダウンロードしたり、セミナーや説明会に参加で配布するなど、入手方法は各社によって異なります。記入欄は広めにとってあり、表現能力、論理能力、問題意識などが問われます。
エントリーシートの傾向と対策
エントリーシートの設問は一般的に「自己PR」「志望動機」「将来の展望」の3つに大別されます。
1.「自己PR」
自己分析にしたがって、作成していくのが基本。文字通り、「自己をPRする」のが目的であるので、PRポイントは何でも構いませんが、「学生時代に○○をした」というだけでは不十分。事実に即して語ることはもちろんですが、重要なのは、「なぜそうしようと思ったか?」「○○をした結果、何が変わったのか?何を得たのか?」という“連続性”が分かるかどうかがポイントです。自己PRは、「成長の瞬間の記録」ともいえるのです。あなたの長所がいきいきと伝わるような出来事の選定と文章コミュニケーション力が求められます。
2.「志望動機」
自己PRと一貫性を保ち、業界志望理由と企業志望理由を、しっかり差別化して表現するように心がけましょう。業界・企業研究を深化させ、志望する業界の強みと弱み、志望企業の強みと弱みくらいは、暗記しているくらいになっておきましょう。
3.「将来の展望」
どんな社員を目指すのか、仕事へはどう望もうと思っているか、目標は何か、などが問われます。仕事内容を事前に把握しておくだけでなく、5年後の自分、10年後の自分など、具体的な将来像を描いておくことが大切です
エントリーシートのチェックポイント
ワンポイント
失敗しない、エントリーシート学
まずは思いつくまま書いてみよう
エントリーシートを記入する際、いきなり清書をしてしまう方を見かけます。
でも、これはNG。
最初は文字数を気にすることなく、思いついたことをどんどん記入していきましょう。
制限文字数に合わせるのは、最後の作業。
むしろ、推敲を重ねて文字を削減することで、自分の考えが整理され、より本質に
迫ったエントリーシートとなるのです。
内定を引き寄せる!エントリーシートの驚きの活用法
提出後、もう一度書いてみる
提出したエントリーシートを書き直すなんて、一見、何の意味もないように思いますが、実はこれが内定への近道。書類作成の目的を再確認し、書き直すことで、自分の考えが整理できるのです。このことが後々、会社訪問・面接での大きな武器に。
考えがより鮮明になっているため、スムーズな自己PRへとつながります。
応募書類とだけ見るのではなく、面接をみすえたツールとして位置づけることで、
エントリーシートは非常に重要なものとなっていくのです。
ページトップへ
Copyright(C)2011 TheKeiyoBank,Ltd.